ありのままの自分が大好きです . . .(数行のコード). . .

ありのままの自分が大好きです

この世で一人しかいない尊い存在です。人と比べる必要なんてありません。病でどん底に落ちて知りました。幸せは生かされてる事を感謝する事です

信仰

信じることが素晴らしい

人間が不治の病に侵されて、迫ってくる死を自覚しなければならなくなった時、

この世の地位、名誉、財産は何の役にも立たないことを悟り始める。

これまで頼りにしてきたものには、もはやすがれなくなるのが死の現実である。

人は地位、教養という衣を脱がされて、裸のままで死と向かい合わねばならない。

死の床では、その人の持っている人生観や死生観、そして信仰が試される。

人が生きてきたその生きざまそのものが、その死にざまに凝集された形で現れる。

人は生きてきたようにしか死ねないのである。

信仰の有無はその死にざまに大きな影響を与える。

信仰を持っている人の死は、安らかである。信仰をもっている人にも、身体的な痛み、苦しみは

同じ様にやって来る。しかし、その痛み、苦しみに対する態度が変わってくる。

生を支えることについては、信仰や宗教が、医学上のあらゆることを超える場合がある。

病気のために家族や友人、社会から離れて入院する患者にとって、病院生活は自分を

見つめ直す機会となる。不治の病で入院する患者にとっては、病院は死という大問題と

対決する場となる。死に直面しなといけなくなる。死を自覚した人は孤独である。

患者は孤独のうちにこれまでの人生を見つめ直して、純粋な目で自分自身の存在を見つめる。

人間の命のはかなさを自覚して、死の不安を何とか克服しようともがく。

このような患者には宗教的な配慮が必要です。

信仰を持った患者に共通している態度は、自分が生きているのではなく、神によって

生かされているのであり、生きるも死ぬも、その神にゆだねるということである。

多くの人は聖書を読むようになります、そして信仰が与えられ私は全てを神に委ねる、そういわれます。

「我らの国籍は天にあり。」この希望に満たされて喜んで死を迎えるのです。

魂は永遠に生きるのです。皆さんも頑張ってくださいね。天国で必ず会いましょうね。


明日からまた春のような、気候になるみたいですね。気温の上がり下がりが激しいので

体にはくれぐれもきおつけてくださいね。それではまた明日もお互いに頑張りましょうね。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウイルス感染詐欺三陸鉄道の10年 東日本大震災 天国への階段 win.datalayer=window.dataLayer//[]; furctin gtag(){dataLayer.push(argument);} gtag('js'.new Date()};gtag('confing,'G-J5EGOLKPQS'};