ありのままの自分が大好きです . . .(数行のコード). . .

ありのままの自分が大好きです

この世で一人しかいない尊い存在です。人と比べる必要なんてありません。病でどん底に落ちて知りました。幸せは生かされてる事を感謝する事です

相手を傷つけるいけない言葉

f:id:kamisamachang:20210714071416j:plain


私自身も人間ですから、間違いは多い。

ふっとした時に暴言を浴びせたこと。

傷つくことを言ってしまったことはある。


怒るといろんな悪い思いが心を支配し。。

それに負けてしまい言ってしまうんですね。

こんな時は自分の罪を自覚して。。。。

心から謝罪する必要があると思う






相手を傷つけるいけない言葉

「無責任やな」「誠意がない」

「信用できないね、君は」

「たかが~のくせに」

「常識で考えたらわかるだろ」

「いい年をして、そんなこともわからんの」

「そんなことだから。。。。」

「いつまでも結婚できないんだ」


「同期のOO君を見習ったらどうだ」

「後輩のOO君はお前よりましだ」

「使い物にならない、お前は」


「何年やってるんだ、この仕事」

「何回言ったらわかるんだ」

「だいぶの馬鹿やな」


「頭が脳足りんやな」

「お前がおったら迷惑や」

「とっとと消えろ」



これらの言葉で何を感じるか?

正しく相手を見下してしまって

奴隷扱いしてるような言葉です


これはなんか、この世では常識みたいに

なってしまっていますよね。。。

でもこれは、とてつもない罪ですよ


私の会社でもおんなじ光景があります

自分が常に他人の上に立ちたい願望

そして比べて見下して安心してる


自分も同じ性質は持ってるんですが

でもそれを制御しないといけませんね

それには善悪を知らないといけません



人はみんな同じ価値がある存在


一人一人かけがえのない存在である

神は同一に愛しておられること

人を裁けるのは神だけであること



謙遜になって他人を敬う心を持つ

これをいつも心に刻んでいないと

相手を見下して暴言が出るんです



人は弱いんで、すぐに負けてしまいます

だから神にすがっていないとダメなんです


まず人とコミュニケーションを持つ時は

言葉を考えて軽々しく言ってはいけない

その言葉を心に蓄える必要がある。


相手を見下してはいけない


これが基本ですね。。。

見下して見なかったら心から

おかしな暴言は出てこないはずです

だからいつも他人を敬う心

これを心に持ち続けたいですね。。


kamisamachang.hatenablog.com


kamisamachang.hatenablog.com


kamisamachang.hatenablog.com


kamisamachang.hatenablog.com


kamisamachang.hatenablog.com


ブログランキング・にほんブログ村へ



ウイルス感染詐欺三陸鉄道の10年 東日本大震災 天国への階段 win.datalayer=window.dataLayer//[]; furctin gtag(){dataLayer.push(argument);} gtag('js'.new Date()};gtag('confing,'G-J5EGOLKPQS'};