ありのままの自分が大好きです . . .(数行のコード). . .

ありのままの自分が大好きです

この世で一人しかいない尊い存在です。人と比べる必要なんてありません。病でどん底に落ちて知りました。幸せは生かされてる事を感謝する事です

花粉症、アレルギーを薬なしでラクにする方法とは?

f:id:kamisamachang:20210226065849j:plain


花粉の飛散がすごいですね。

鼻水、くしゃみ、鼻ずまりで苦しいです。

仕事中でも、鼻をかみながらしています。

何とかならんでしょうか?







西洋医学では、花粉症はアレルギーの一つです

最近は、この花粉症とアトピー性皮膚炎など

アレルギーの病気になる人が増加してるそうです。


花粉、ハウスダスト、ダニ

食べ物であれば、牛乳、サバ、そば。


これらアレルギーの原因物質を


アレルゲンといいます


このアレルゲンが体に入ってきたら

それをやっつけるために体の中の

白血球でありリンパ球が抗体という


タンパク質をつくります。これがアレルギンを

退治して、再びアレルギンが入っても

病気が起こらないようにしてくれます。


この事を

「抗原抗体反応」といいます


いわゆる

「免疫現象」です


ただし、あまりにもアレルゲンの量が

多かったり、抗体の力が弱いと

体の中にあるマスト細胞という細胞が


抗体、抗体複合物によって刺激され

ヒスタミンという物質が出てきます

ヒスタミンが出てくると、気管支の収縮

血管の拡張が起きて血管の内側から


老廃物や水分が浸みだしやすくなる。

そうすると、喘息になったり、蕁麻疹

湿疹、鼻水、くしゃみが出てくるのです。


これがアレルギーです


西洋医学ではこのアレルギー反応を

抑えるために、ステロイド剤の注射

抗ヒスタミン剤を使ったりします


では、考えてみましょう


「アレルギー性結膜炎」は涙が出る


アレルギー性鼻炎」は鼻水、くしゃみ


こうしてみると、アレルギーは

「体内から水が出る病気です」

漢方では、アレルギーの事を「水毒」「水滞」という


つまり、体内の水分が多い人が

アレルギーになると考えてるそうです。


花粉症に対して、マスクや眼鏡などで

できるだけ花粉を遮断することも大事です。

しかし、大事なのは日頃から。。。


体内の余分な水分を捨てる


これが一番大切なんだそうです。

運動をして汗をかくこれが一番なんです


その他には色々とあります。

漢方医学では小青竜湯という漢方薬

これは葛根湯を基に作られたものです。


これには、発汗作用、利尿作用、排尿

良くする働きがあるそうです。

あとは、生姜紅茶も同じ効果があります。


これら2つを合わせて飲むと

花粉症対策に効果が期待できるそうです。



まとめ



体内の余分な水分を出すことが

この花粉症対策には一番であること

この季節は、汗をあまりかきません

なので、花粉症になりやすいんですね。


薬局で売っている、アレグロも効果がある。

これは、友人からも聞いています。

とにかく汗を流すこれに心がけましょう

今日からやってみます


kamisamachang.hatenablog.com



kamisamachang.hatenablog.com




kamisamachang.hatenablog.com



kamisamachang.hatenablog.com



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村





ウイルス感染詐欺三陸鉄道の10年 東日本大震災 天国への階段 win.datalayer=window.dataLayer//[]; furctin gtag(){dataLayer.push(argument);} gtag('js'.new Date()};gtag('confing,'G-J5EGOLKPQS'};