神の愛求めて生きるこれに勝る物はありません

私は神なんか全く信じてませんでしたが、病でどん底に突き落とされ時に、神の愛にきずかされました。最も弱い時こそ神は愛を体験させてくださいます

どん底に突き落とされた方が体験した幸せ

幸せ一* 私にっとって生きるって何の意味があるの

ある方の、生まれた時から寝たきりで手足も動かせず、動くのは口だけです。

一日の長いこと、朝起きて介護の方が濡れたタオルで顔を拭いてくださる。

その後は歯ブラシで、歯を磨いてくださる。私は何もできない、ただ任せるだけです。

ああああ!神様どうして私だけこんな目に合わないといけないの?

私の姉は今年結婚しました。今年子供ができます、おめでとうって言いたいけど

もう一人の悪い自分がねたみます。ああああ!不公平です、私は何のために生まれてきたの?

あの姉も私と同じ障害になればよっかたのに、恐ろしい悪い自分が叫んでる。

そんな時にある牧師と出会い聖書を読むようになりました。

聖書の歴史で気が付いたのは、自分の恐ろしい罪です。

すべて自分の事の生きざまを痛いほど知らされました。この方の詩にイエスキリストを

十字架につけたその中に私もいる。この書を読んだときは鳥肌が経ちましたが。

我々がキリストを十字架につけて殺したのです。あふれる涙は滝のように止まりませんでした。

それからというものその人は毎日聖書を、欠かさず読み、神に祈りました。

日がたつにつれ、心に慰め、平安、勇気、希望を感じるようになりました。

その方は言っています、私の人生は自分の望むものは何一つ与えられない、人生だが。

私はこの世で一番幸せ者です。それは神様が与えてくださる、大きな愛を知りました。

それは心の底から生かされてることを、感謝できたからです。笑顔で言いました。

この事をとうして教えられました。。人間の幸せは自分の願い事が叶うことではない。

如何にへりくだり心の底から感謝申し上げます。これを言った時です。

人はみな貪欲すぎるのです、だから幸せになれないと、この方をとうして教えられました。

今日もお疲れさまでした。明日もお互いに頑張りましょう。にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村