神の愛求めて生きるこれに勝る物はありません

私は神なんか全く信じてませんでしたが、病でどん底に突き落とされ時に、神の愛にきずかされました。最も弱い時こそ神は愛を体験させてくださいます

離婚がなくなりますように

最後に言う。あなた方はみな皆、心を一つにして、同情しあい、兄弟愛をもち

憐れみ深くあり、謙虚でありなさい。悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪に報いず

かえって、祝福をもって報いなさい。あなた方が召されたのは、祝福を受け継ぐためである。

「命を愛し、幸いな日を過ごそうと願うものは、舌を制して悪を言わず、唇を閉じて偽りを語らず

悪を避けて善を行い、平和を求めて、これを追え。主の目は義人たちに注がれ

主の耳は彼らの祈りに傾く。しかし主のみ顔は、悪を行うものに対して向かう」

そこで、もしあなた方が善に熱心であれば、だれがあなた方に危害を加えようか。

しかし、万一義のために苦しむようなことがあっても、あなた方は幸いである。

彼らを恐れたり、心を乱したりしてはならない。ただ、心の中でキリストを主と崇めなさい。

また、あなた方のうちにある望みについて説明を求める者には

いつも弁明のできる用意をしていなさい。しかし、優しく、慎み深く、明らかな

良心をもって、弁明しなさい。そうすれば、あなた方がキリストにあって営んでる

良い生活をそしる人々も、そのようにののしったことを、恥じるであろう。(聖書第一ペテロ3,8~16)


皆さんおはようございます。今朝も寒いです。風邪をひいてしまいました。

それと花粉症です。鼻ずまりで、困ったものです。毎年なります。


さて今日は夫婦の問題について、書いています。日本は、離婚者がすごいですね。


毎日、凄い数の方が離婚をされています。この御言葉には、それを解決する方法が詰まっています。

夫婦で色々と悩んでる方々は、ぜひこの御言葉を、読んでみてください。


結婚して夫婦になるというのは、これはお互いの愛を育てるゼロからのスタートです。

赤の他人が、一緒に生活をするのですから、喧嘩があって普通ですね。

でもそれは、お互いの、心の成長、愛を育てる素晴らしいものです。


私は独身ですから、偉そうなことは言えませんが、確かに、夫婦生活は戦場ではないでしょうか。

寛容な心を、持っていないと耐えられないでしょうね。

でも聖書の御言葉は、心に癒しと、励ましと、良い判断を与えてくださいます

聖書に書いています。結婚して、離婚するということは罪ですって。

神は悲しんで、おられます。何が何でも、分かれない。その思念をもって、最後まで一緒にいれば

凄い愛の絆が深まってくるのではないでしょうか。皆さん頑張ってくださいね。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村