ありのままの自分が大好きです . . .(数行のコード). . .

ありのままの自分が大好きです

この世で一人しかいない尊い存在です。人と比べる必要なんてありません。病でどん底に落ちて知りました。幸せは生かされてる事を感謝する事です

生きる意味のない命~相模原殺傷事件は何を言ってるのか?

この言葉は皆さんお察し事と思いますが、

相模原殺傷事件の被告、植松被告の思想の一つです。

彼は、重度の障害者は「生きる意味のない命」であり

安楽死させたほうが良いと、犯行後も主張し続けてるという。

ネット上では犯人に同調する意見も溢れており、

「やった事をどうかと思うが、正論だ」などの言葉が多く寄せられてる。

この言葉を見て、鳥肌が立ったことを覚えてる。


そのざわつきをついた言葉があった。「内なる植松さん」

事件が起こった年、とあるキリスト教雑誌にあった

元障害者施設職員の言葉です。犯人と同じ思想が自分のうちにも確かにある。


その言葉は心をえぐった。無論その声に同調する気などないが

隠しておきたい本心のようなものをついてきた言葉は、今も心を揺さぶっている。


この事件は、単なる異常な感覚を持った人が起こした事件とは思えない。

もし私が、神を知らず、経済優先、生産性で人を評価し

競争社会を勝ち抜くことが正義という、戦後養われてきた感覚をもって


命を損なう、悪の言葉にふれ続けているなら。。。

悪の言葉が形をもって、現れたこの事件は、世界の悪と内なる罪の存在を問われてる。そう思う


障害を持った方だけではない。いのちの優劣を計る鎖に惑わされ、自分の命に

価値を見いだせない人に、「あなたの命は意味がある」ということを

どのような言葉で届けることができるであろうか?


あの植松被告は、最初は障害者施設で誇りをもって、喜んで頑張っていた。

それがあんな結末になったことは、我々すべての人間に問われてる、「あなたは?どうですかね」


あの寝たきりで、全てを介護人にしてもらわないといけないと、生きていけない。

あれはましく、障害者と介護者の戦いでもあるのではないでしょうか。


あの介護はしてみないと、その大変さがわからない。一日戦いでありそして

介護者の愛の心を育てる、仕事であると思います。神様は、全ての人に


それぞれの役割を定めてる。そういわれています。

あの障害者の役割、そして介護者の役割を。そしてそれを、見ているものの役割。


奥が深くて、分かりかねますが。この世が健康で何不自由のない人だけだと

この世に愛は存在しないのではないでしょうか。自己中心的な、悲しい社会では?


殺害に遭った遺族の方は、憎しみは計り知れないものがあるでしょう。

その心を癒すことは、我ら人間には無理と思います。


それができるのは、あの我々の罪を背負って十字架について

死んで下さった、イエスキリストしかいないと思います。


あの事件は他人事ではありません、一人一人、同じ罪を持ってる事を忘れてはいけません

今思うのは、植松被告の罪の自覚と懺悔の心で、悔い改めること

そして、被害者の方々の、憎しみが、愛の心の変わる変わることです。

死んで下さったイエスキリストしかいないと思います。にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウイルス感染詐欺三陸鉄道の10年 東日本大震災 天国への階段 win.datalayer=window.dataLayer//[]; furctin gtag(){dataLayer.push(argument);} gtag('js'.new Date()};gtag('confing,'G-J5EGOLKPQS'};