ありのままの自分が大好きです . . .(数行のコード). . .

ありのままの自分が大好きです

この世で一人しかいない尊い存在です。人と比べる必要なんてありません。病でどん底に落ちて知りました。幸せは生かされてる事を感謝する事です

人は皆さん弱い存在です。どん底に突き落とされ時、祈るだけです!

祈ること、これは一番の幸せです。心の癒しです。

私は体力には自信あり、絶対に病気などしないと思っていましたが。そうは問屋は降ろしません、店の店長に発作が出てたよ

と言われました。私は何のことか全然分かりませんでした。でもとりあえず病院に行こうと思い、脳波の検査をしました。

すると医者にてんかんですって言われました。その時も病気の実感がわかず薬を医者に飲むように言われて、一時は

飲んでいたのですが、途中で辞めました。その時もうぬぼれで大丈夫です。よ!って自分で思い込んでいました。

そう人生甘くはありません、発作が段々と回数が増して毎月7回ぐらい出て、薬で発作が止まらなくなりました。
自分を愛する心なんて、全く持っていませんでした。今から言うと大バカ者です、馬鹿者!

それから大きな試練が神から与えられました。医者に手術をして、治した方がいいよ脳が萎縮してるよ。

このままにしてたら、記憶力が無くなりアルツハイマー病になりますよ。えええええ!噓でしょ。いや危険ですすぐ手術

しなさい。決断するまで6ヶ月ぐらいかかりました、ああああ!どうにでもなれ、なんでわたしだけがこんな目に!

全然自分の罪にきずいていません、悪いことにきずいていないのです。あああああ!情けない。

とりあえず手術をトライしよう!地獄の始まりです。先ず頭を切り開き脳に電極26本を差し込み、脳を閉じて

2週間何処から発作が出ているか調べました。そしてその発作の出ているところ切除しました。

左側頭部数か所、ああああああ!頭のうずきはたまりません。動けませんベッドにくぎずけ、出来ることは祈ることだけです。

涙と共に心を込めて祈りました。神様すいませんでした、私は何でも自分で出来ると思い上がっていました。

自分の力で生きている?ああああ。なんて罪深いのでしょうか、こんな私を許してください褒めんなさい。


その後は痛みはつずきましたが、心に慰め、平安、勇気、希望が湧き上がってきました。神の愛です。

この時初めてきずかされました。心の癒し主は神様しかいない、イエスキリストです。十字架の愛です。

キリストは私達の罪を背負い十字架に、ついて死んでくださいました。その愛に生かされているのです。感謝いたします。

人は死ぬとき出来るのは祈るだけです、キリストはその最も弱いときに働き癒してくださいます。

これは本当に体験したことです。心の癒し必要でしょ。それはひとにはそれはひとには出来ません。

聖書の御言葉、詩編23篇 私は死の影を歩もうとも、災いを恐れませんあなたが私と共におられますから、

あなたのむちと杖それが私の慰めです。アーメン!私には希望があります、天国に帰ることそれだけです。

ウイルス感染詐欺三陸鉄道の10年 東日本大震災 天国への階段 win.datalayer=window.dataLayer//[]; furctin gtag(){dataLayer.push(argument);} gtag('js'.new Date()};gtag('confing,'G-J5EGOLKPQS'};